矯正メニュー

矯正治療にはさまざまな方法があり、
患者様の症状によって治療方法が違います。
患者様に合った方法をご提案いたします。

表側・唇側矯正

歯の表側(唇側)に装置を取り付け、ワイヤーの弾力を利用して歯列を整える方法で、矯正治療法の中で最も一般的な治療法です。歴史も深く、全ての難易度の症例に対応し費用負担が比較的少ないのがメリットです。

メタルブラケットは矯正装置が目立ちやすいのがデメリットでしたが、合田矯正歯科クリニックは全ての患者さんに表側追加料金なしで装置がより目立ちにくいクリアブラケットの装置を使用しております。昔より格段に目立ちにくくなっております。

舌側矯正

「矯正治療を始めたいけど、周りから気づかれずに矯正したい」「取り外しの装置は続けていくのに自信がない」そうした希望を持たれる患者さんが増えています。そんなお悩みで矯正をあきらめてしまう人も少なくありません。そこでおすすめなのが舌側矯正です。裏側矯正やリンガル矯正とも呼ばれます。
当医院は舌側矯正も得意としております。

メリット

  • 人から矯正装置が見えない
  • 裏前に飛び出ている歯の矯正に適している
  • 舌に近いため装置が乾きにくく、虫歯リスクが低い

デメリット

  • 治療初期、慣れるまでは発音しづらくなることがある
  • 舌に触れるため慣れるまでは気になる
  • 治療にかかる費用が高価である

ハーフリンガル

周りに気づかれにくい方法がいいけど、上も下も裏側だと費用がかかりすぎる、違和感が増えそうで心配という方には、笑ったときによく見える上側を裏側のリンガル矯正で、見えにくい下側の矯正装置を表側のクリアブラケット装置で行うハーフリンガル装置があります。

マウスピース矯正

従来のワイヤー矯正の代わりに透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)をご自身で装着し、歯並びを綺麗にする治療方法です。
一人ひとりに合わせて作製されるアライナーを治療の段階に合わせて新しいものに交換し、装着する事で治療が進んで行きます。
透明で薄い素材でできているため、治療中もほとんど目立たず、お食事と歯磨きの時は自分で外して頂けます。
マウスピース型矯正装置は他の矯正治療方法とほぼ同じくらいの治療期間で治療を終える事ができます。ただし、患者さんが使用する事で治療が進んでいきますので、患者さんのご協力が必要となってきます。
歯の移動が少ない場合には数ヶ月で終わる事もありますが、平均的な治療期間は2年程度となります。
マウスピース型矯正装置は幅広い年齢の方に適応可能です。
従来インビザラインは永久歯完成後の大人の為の矯正治療でしたが、永久歯交換途中の10代の方にも治療が行える様になりました。
マウスピース型矯正装置(製品名 インビザライン 完成物が薬機法対象外)

メリット

  • 目立たないので人に気付かれにくい
  • 取り外しできるので、食事に影響がない
  • 取り外すため歯磨きがしやすい
  • ワイヤーやブラケットといった装置を使用しないため、違和感が少なくトラブルの可能性が少ない

デメリット

  • 患者さまの使用時間が少ないと治療が進まない
  • 装置を無くしてしまうと治療が滞る事がある
  • 装置を外さないと食事ができないため間食がしにくい
  • 表側矯正と比べると発音に影響が出る事がある

部分矯正

歯並びは気になるけど、部分的にだけ矯正したい…費用を抑えたい方は部分的に矯正装置をつける方法があります。

メリット

  • 限られた部位に装着するため費用を抑える事ができます。
  • 全体的な矯正よりも比較的期間が短くなります。
  • 装置の種類を選ぶことができます。
    全体的な矯正と同じく、歯の表側に装置をつける方法、歯の裏側につる方法、マウスピース型の矯正装置を使う方法など装置の種類を選ぶことができます(裏側、マウスピース型装置は別途追加費用が必要です)。

デメリット

  • 部分矯正ではできない場合がある。
  • 歯並び、かみ合わせをトータルで治療できないため全体矯正に比べ治療制度が劣ってしまう場合があります。しかし患者さんにとって何が必要か考えると、部分矯正の方が良い場合もあります。

インプラントアンカー

インプラントアンカー(歯科矯正用アンカースクリュー)とは骨の中に数ミリの小さなチタン製のネジを装着することで、それを固定源とし歯を動かすことで治療を効果的にする補助器具のことです。
このアンカースクリューを従来の治療法と組み合わせることにより、より効果的に治療が進めることができ、患者さんの負担も減少することができます。

メリット

  • 困難な治療が可能となる場合があり、治療の幅が広がる
  • 従来では困難であった歯を後ろに動かす治療もアンカースクリューで臼歯を後ろに動かすことができ非抜歯矯正の可能性の拡大が期待できます。臼歯の圧下も可能になり開咬など従来の矯正が難しい症例も一部対応が可能になり、症例によっては選択肢が増えることにつながります。
  • 治療期間の短縮が期待できる
    動かしたい歯を効率よく目的の位置に動かすことが可能になり、治療期間の短縮が期待できます。
  • 麻酔の注射を行う時に少しチクッとしますが、それ以上は痛みを感じることはほとんどありません。神経を傷つけたり、血管を傷つけて出血が止まらないといったリスクはほとんどありません。院長自身もアンカースクリュー経験者です。
  • ほとんど目立たない
    アンカースクリューをつける場所にもよりますが、ほとんど目立たない奥歯の近くにつけますので、あまり目立ちません。

デメリット

  • 脱落することがある
    骨がやわらかい10代の方や喫煙者の方で、アンカースクリューが動揺してしまい、脱落することがあります。ただ、抜け落ちる訳ではなくグラグラとした感覚でわかりますので、飲み込むことはありません。また十分に注意しても、顎の厚みや炎症などが原因で脱落してしまうことがあります。脱落後に再度アンカースクリューを植立する必要があります。

PAOO(スピード矯正)

PAOO(スピード矯正)は歯周病の再生治療を応用した治療です。
骨(歯槽骨)が薄いと歯肉退縮や歯根露出など矯正治療の予後が悪くなる可能性があります。しかし、PAOO法であれば、骨が少ないので矯正治療ができないと言われた方でも矯正治療をすることが可能です。

メリット

成長期が終わった大人の方もPAOOを矯正中に行うことで骨が活性化させるため、歯の周りの骨や組織に負担をかけずスムーズに歯を動かすことができます。歯周病で矯正ができない方も矯正治療が可能になり、骨も再生できるメリットがあります。

デメリット

手術が必要になります。専門的な知識がいるため、受けられる医療機関が少ないですが、
合田矯正歯科クリニックは歯周病専門医と連携して治療をおこなっています。
当医院では片顎170,000円で治療が受けられます。
20年以上この治療に関わっていますので、安心して治療を受けていただけます。
また骨の状態を確認できる歯科用CTがあるため矯正や歯周病の治療にたいへん役立てることができます。